健康な体で赤ちゃんを産む|妊娠中に必要な栄養・葉酸を摂取しよう

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

染色体異常を防ぐために

医者

診断を受ける条件

妊娠しても、流産を繰り返してしまう人は、とても多くいます。そのため、習慣流産や不育症の疑いを持つ人にとっては、妊娠を諦める人も少なくありません。流産の原因は色々なことが関係ありますが、染色体異常による初期流産の場合は、着床前診断で流産の確率を低くできます。着床前診断をしてもらうには、習慣流産の体質や遺伝子疾患の可能性が高い人が、特定の病院から許可をもらう必要があります。安易に着床前診断を行ってしまうと、命の産み分けを目的とする人が多くなってしまいます。あくまで、一定の条件に合致する人が対象となっています。また、診断費用も50万円以上と、とても高額になっています。診断を受ける人は、それなりの金銭的な負担も大きくなります。

診断方法

着床前診断は、羊水検査と違って、妊娠が成立する前に、受精卵の染色体異常の有無を調べることになります。そのため、産む産まないの選択を強いられる時期に行う羊水検査よりも、女性の身体的な負担が少なくなります。ただし、着床前診断に関しては、着床する前の受精卵を調べることになります。そのため、妊娠方法としては、タイミング法や人工受精ではなく、体外受精によってのみ、診断が可能になります。体外受精となると、1回あたりの費用が30万円以上かかることもあります。それに加えて、着床前診断の費用を合わせると、1周期あたりの合計は100万を超えることが予想されます。しかし、事前に染色体異常が無い受精卵を選んで子宮に戻せば、流産の確率を低くできるのがメリットとなります。