健康な体で赤ちゃんを産む|妊娠中に必要な栄養・葉酸を摂取しよう

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

経口避妊薬のメリットは

看護師

経口避妊薬の働き

避妊とはセックスをしても子供が出来ないようにするために行う行動のことです。もっとも気軽に行えるのが、男性のペニスにスキンを被せるコンドームですが、性感染症に対しては大きな効果があるものの避妊に関しては誤った使い方をすると失敗率が高くなる傾向にあります。このため確実性が高いのが女性が服用して妊娠しにくい身体にする経口避妊薬、いわゆるピルです。ピルの働きとしては、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補充することで排卵を抑制したり、受精卵着床を抑制することで妊娠を防ぎます。一般に言われるピルの場合にはホルモンの量が少なく28日サイクルで21日程度服用する必要のある低用量ピルを指しており高い避妊率を持っています。またアフターピルと呼ばれる中用量では、妊娠の可能性のあるセックスをしたあとに一定時間内に服用することで妊娠を抑制することができます。

ほかの避妊方法との違い

避妊法としては、コンドームが一般的で、性感染症を防げることもあり世界的にも奨励されている避妊法ですが、避妊の確実性からするとピルに劣ります。またその他の薬物による避妊法は、炎症を伴うリスクがありますし、基礎体温を見ながら行う避妊は効果が低いとされます。またいわゆるパイプカットでは身体への影響が少ないものの性機能そのものを失うことになるなど欠点があります。その点でピルは使用をやめることで再び妊娠が出来る身体に戻すことができます。ピルは産婦人科で処方されますが、気軽に購入したい場合には関西であれば大阪のクリニックが都合が良いケースがあります。大阪では多くのクリニックがあるため、また大阪でも大阪市内への交通の便利が良いので競争が激しいので良いクリニックが多くあります。